ミニベロ(小径車)の特徴と失敗しない選び方

ファッション性と実用性を兼ね備えたミニベロ(MiniVelo)は各社から様々なモデルは販売されています。 ミニベロはスピードが出ない・ひと漕ぎでの走行距離が短いと勘違いをしている人がいますがそうではありません。 タイヤが小さくてもギア比を調節することにより、通常の自転車と同じ距離を進めるように設計がされています。 また、タイヤが小さいため漕ぎだしが軽く楽に発進することが出来ます。 ハンドリングはややクイックな印象で小回りが効きます。

こんな人におすすめ

ミニベロの特徴は、乗りやすい・小回りが利く・漕ぎだしが軽い事から以下のような人にオススメです。
  • 見た目が可愛いさと走行性を兼ね備えた自転車が欲しい
  • 脚力に自身が無い人・女性
  • 自転車の運転があまり得意でない人
  • 人通りの多い街中を走る機会が多い
  • 信号が多くストップ&ゴーの機会が多い
  • バックやキャリヤなど自分なりのアレンジがしたい

ミニベロの選び方

やはりミニベロは見た目重視となりますので気に入ったものを選ぶのが一番良いでしょう。 それに加えて自転車の持つ特性と目的にあわせたモデルにすることで快適な自転車ライフが楽しめます。 他の自転車と異なり車体のサイズはワンサイズとなり、それぞれの体格に合わせてハンドルとサドルの高さを調整するだけです。

価格

1万円から10万を超えるモデルまであります。1万円台のものではギア比が調整されていないため、ひと漕ぎでの距離も短くスピード走行には向いていません。
3万程度のモデルから実益性を備えた設計がされています。

重量

ミニベロに限らず自転車は軽いほど軽快に走れます。車体の重量と値段は反比例しており高いモデルほど軽くなっていきます。
重量の目安は最低でも15kg以下、10km以上の走行やスピードを求めるならば12kg以下が理想的です。

タイヤの大きさ

ミニベロのタイヤのサイズは20インチ前後が多く採用されております。
多きいのほど走りやすく、段差も乗り越えやすくなります。

車体サイズについて

ミニベロはワンサイズ展開となり身長150cm~180cmまで対応しています。 ハンドルとサドルの高さを調整する事により様々な身長のサイズに合わせる事ができます。 他の自転車とは異なりサイズを気にすることなく選べます。

タイプで選ぶ

ミニベロだけで自転車に対する全ての要望を満たすことができるほど様々なタイプがあります。
価格が他の自転車に比べて安いのも魅力のひとつとなります。

シティーモデル

街乗り小径タイプ

ミニベロの特性を最も発揮できる街乗りでの利用。カゴやキャリア付きのものまで様々あります。
普段使いに便利な機能を搭載した見た目も乗り心地も楽しいタイプ。

ロードタイプ

小径ロードバイク

舗装路を速く走るロードレーサーのミニベロ版で車輪が小さいことでより軽量化できることがメリット。
ドロップハンドルが採用されておりミニベロという事を忘れてしまうほど本格的な走りが楽しめる。

折りたたみタイプ

折りたたみタイプ

車や専用の袋に入れて電車での持ち運びをしたい人にオススメの機能となります。
デメリットとしてはパーツが増える分だけ重量が増し走行性能が低下することと、故障した場合、各社オリジナルのパーツを採用しているのでメーカーより取り寄せる必要あり時間が掛ってしまいます。

その他ミニベロについて

ミニベロについてご紹介いたします。