ブレーキの種類と特徴

自転車が速く走れれば走れるほどブレーキが重要なパーツとなります。
命にかかわるパーツとなるので自転車の中で最も大切な機能です。
ブレーキはキャリパーと、それを動かすレバー部分で構成されています。
ブレーキの種類は豊富でフレームによって取り付けられないものもあります。
ブレーキの交換をする場合は、いま取り付けてあるブレーキと同じタイプのものであれば確実に取り付けることができます。

ただ、ブレーキのタイプを知っておかなければ店やネットで選びようがありません。
ということで、キャリパーとブレーキレバーのタイプを紹介します。

ブレーキレバーの種類

ブレーキレバーはドロップハンドル用とフラットバーハンドル用の2種類あります。
ドロップハンドル用のブレーキレバーはシフター(変速機)と一体型のタイプが主流となります。
シフター一体型モデルの代表はシマノのSTIやカンパニューロのエルゴパワーとなります。
ブレーキレバーは前後の車輪に取り付けられているキャリパーとワイヤーで接続します。
日本では一般的に右側が前輪、左側が後輪と繋げられています。

ブレーキ本体の種類

ブレーキの本体は自転車の種類によって取り付けられているブレーキ本体の種類も異なります。
主にロードバイクにはキャリパーブレーキ、クロスバイクにはVブレーキ、マウンテンバイクにはディスクブレーキが採用されています。
メインで走る路面のコンディションやスピード、タイヤにより最適なブレーキがあります。
それぞれのブレーキの特性について紹介します。

リムブレーキ

タイヤのフレームのリム部分(鉄の部分)を挟み込むことで制動力を利かせるブレーキ。
リムブレーキにも更にいくつか種別があり、ロードバイクでよく使用されているキャリパーブレーキ、クロスバイクや安価なマウンテンバイクにはVブレーキ、BMX用のUブレーキなどがあります。

キャリパーブレーキ

ロードバイクに採用されているブレーキで制動力はあまり高くありません。
ロードバイクはタイヤが細く地面との接地面性が狭く、制動力の高いブレーキだとタイヤがロックされ吹っ飛んでしまうためキャリパーブレーキが採用されています。
急ブレーキをかける場合には後ろブレーキ、前ブレーキと同時に体全体を後ろに移動させてバランスをとる必要があり練習は必須となります。
このブレーキの特徴ははフレームにボルト一本で固定して取り付けられておりとても軽量です。

Vブレーキ

クロスバイクに多く採用されているブレーキでリムブレーキの中では最も制動力が高いタイプ。
シマノがマウンテンバイク用として1990年代後半に開発しており「Vブレーキ」という名前自体商標登録されているが広く普及したため一般用語となっている。
悪路での使用を想定されているので路面状況に左右されず確実なスピードコントロールが可能。

ディスクブレーキ

オートバイにも使用されている最も制動力の高いブレーキ。
リムブレーキはリムに水分や泥などが付着していると摩擦抵抗が低くなり思い通りのスピードコントロールが出来ない欠点があります。
そこでフレーム側にディスクを取り付けて地面から離すことにより汚れが付きにくく制動力を一定に保つことができます。
現在ではほぼすべてのマウンテンバイクにこのディスクブレーキが採用されています。
このブレーキの唯一の欠点は重量と高価であることとなります。

機械式ディスクブレーキ

ディスクを挟み込むキャリパー(ブレーキ本体)とブレーキレバーをワイヤーでつなぎディスクを挟み込むタイプ。
比較的構造がシンプルなのでメンテナンスや調整が容易にできる。
高価なクロスバイクに搭載されている事もある。

油圧式ディスクブレーキ

ワイヤーを使用せず油圧によるコントロールをすることで制動力を一定に保つことができる。
車やオートバイでも同じ構造のブレーキが使われており性能の高さは折り紙つき。
複雑な構造のため自分で調整することは難しく調整する場合はショップへの持ち込みとなる。
購入コストも高くこまめなメンテナンスが必要となるため維持費も覚悟しておく必要がある。

ブレーキのメンテナンス

油圧式のディクスブレーキ以外のブレーキには金属製のワイヤーが採用されています。
ブレーキを使えば使うほどワイヤーが伸びていき効きが悪く感じるようになります。
そういった場合にはワイヤーのテンションを調節したり張りなおすことで制動力を戻せます。

ワイヤーのテンションを調節したい場合はレバーもしくはブレーキ本体側で簡単に調節ができます。
ただし、ワイヤーが伸びすぎている場合など調節できる範囲を超えてしまったらワイヤーの交換をしましょう。

また、リムブレーキのリムに押し付けて摩擦を発生させるゴム部分(シュー)は摩耗するので定期的な交換が必要となります。
摩耗しているかはシューを確認すればすぐに解りますので数カ月に一度点検しましょう。
同様にディスクブレーキのディスクを抑えつけるパッドも消耗しますので定期的な交換が必要となります。

駄目だねイマイチ普通まあまあ最高です! (まだ評価されていません)
Loading...Loading...